×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

J1 2nd Stage 第13節 ジェフ市原(市原臨海)
 残留決定後最初の試合です。いつものことなんですが、というよりも中位〜下位のチームにはありがちなんですが、目標が果されると次の試合は大抵に置いて集中力が欠けがちになります。そこに持ってきて閑散とした入りの市原臨海。雨も降って寒くて、非常に渋い雰囲気の中、一流のプロは勝つぞオリャーと集中出来るんでしょうけども、札幌はまだ一・五流ぐらいなもんでして。気迫で市原を圧倒する!ってな感じではなく、逆に市原に圧倒されていたように思います。市原はすっかり強いチームになりましたね。私はどうしてもあの交通安全カラーのユニフォームを見ていると、やる気が心から奪われるんですが…。

 ぶっちゃけた話、怪我人だらけの今の状況で勝つには、その気迫の部分でまず勝つ以外に方策はなかったので、市原の方がモチベーションの高かった試合に於いて0−2という結果はある程度順当ではなかったかと思うのですが、結果を踏まえた上で見てみた試合のビデオでは、それなりに感じるものもありまして。

 健作はチェ・ヨンスのマーク役で、2失点ともそのチェ・ヨンスに入れられてしまったわけですから、仕事を果しきれていないワケですが(1点目は入ってきたクロスに対して処理を思いっきり躊躇してましたね)、ここしばらくの試合は守備に徹していてほとんど攻撃参加をしていませんで、その中での仕事はそれなりにやってこれました。で、今回はリーグNo.2(1は俺王様)の得点力を誇るチェをマークしているにも関わらず積極的に攻撃参加もしていった事には、健作なりにワンランク上のプレーを考えてやってたんではないのかなあとワタシ的には思うです。札幌にしてみれば、ウィルを抑えている役のDFがそのうえに攻撃参加までガンガンしてくるようなもんだから。それって怖いよね。

 健作が攻撃参加しなくとも中盤でしっかりチャンスメイク出来れば問題なかったんだけど、実際それがままならないから出かけていったわけで、結果的には裏目に出てしまったし、勝利や得点という結果に繋げられなかったのも事実ですが、チャレンジ精神は買いたいなと。実戦でのチャレンジなんて残留の決まった今しか出来ない事だしね。そういうことをしなくても強くなれるチームならいいけれど、札幌はまだまだそうではないから。

 ビビって何も出来ないで負けたとゆーなら非難ゴーゴーしますけど、今回はそうではなかったので、成長過程として見ておくことといたします。いずれにしても一番悔しい思いをしているのは他ならぬ本人でしょうから。残り2試合で、本人の納得いく結果を出せるよう我々は例によって陰日なたで応援いたしましょう。