×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

J1 1st Stage 第7節 清水(日本平)
 日本平では、というか清水には勝った事のない札幌です。しかし今回こそはと室長も日本平に乗り込みました。3年前のリベンジを果すという目標もありましたし。
 3年前のリベンジ、それはJリーグ昇格を果たした札幌が開幕戦で対戦し、そして大敗した相手が清水だったのです。あの雪辱を今こそ!と思っての遠征でしたが、結論から言うとリベンジは次回に持ち越されてしまいました。更に新しい悔しさを添付して。

 この日はなつさんが欠場で、不安な思いで見ていた今日の3バックでしたが、見事に悪い方向で的中してしまいました。ほとんどの局面で清水のやりたい放題。それは、うちの選手と清水の選手の元々の個々の力量の差によるものなのか、それともたまたま今日のDFライン(及びそこから中盤から前への連係などなど)の連係が悪かっただけなのか、というのはシロウトに判る事ではないですが。いずれにしてもかなりヤバ目の展開で序盤が過ぎていきました。

 この日の健作は、試合開始当初からちょっと違うように見えました。いろいろなものに対しての気負いが悪い方向に出てしまっていたのかもしれません。そこに追い討ちをかけるように、とっても早い時間帯での警告。え、なんでそれで警告?と思いましたが出てしまったカードには致し方ありません。今日の審判は小幡慎一郎さんです。この名前はあとでテストに出てきますので、必ずメモしておきましょうね。

 で、この警告が更に健作のプレイをいつもと違ったものに変調させていってしまいました。思い切りよく前に上がる場面はほとんど見られません。むしろ左サイドは破られる一方。いつもなら、そういった場面の後は必ずやり返しに行くのが健作なんですが。左サイドを含めた全体のバランスはこれまでになく崩れていました。そんな中で山瀬君の先制点が生まれました。よし、これで何とか建て直しだ!と思ったのも束の間、健作が市川をペナルティエリアで倒したという判定を下されてしまい、なんとPKです。確かに取る人は取ると言えるプレーではありましたが、先日のG大阪戦でののさんが倒されたのに比べたら10分の1ほどの接触プレー。あれ取ってたらペナルティエリア内の微妙なプレーは全部PKでしょう。ついでに言うとこのPKを与えたファウルに警告は出ていません。ちょっとミステリーですね。今日の審判は小幡慎一郎さんです。

 PKは洋平さんが止めたのですが、安永に押し込まれてしまい同点です。安永は健作がマークしていた相手でした。安永がいかに変に前に出ていたとはいえ、PKショックから立ち直ってしっかり自分の仕事をしなければいけない場面でした。

 その後、山瀬君が先程の健作とほぼ同じ位置で同じような接触プレーを清水の選手にかます場面がありました。が、それはおとがめナシでした。サポーターの間からは「なんでさっきの(健作の)PKでこれは違うのよ!」と、取られない事に怒るという不思議な事態にゴール裏も陥ってしまいましたが、それほど一貫性のないジャッジがそのあとも続いて私達はたいそう悲しい思いをさせられました。そんな主審が間接FKを直接FKと間違うのは当然といえば当然かもしれません。さてここでテストです。今日の審判の名前は?正解者の皆さんには、来年の日本平リベンジ参戦権をプレゼント。旅費は自分持ちです。

 後半に入るとミールさんが下がって和波君が入りました。そこから左サイドは見違えます。へこんでいた健作もいつものようにガンガン上がり始めます。バロンに取られた点も含め、なんとか取り返してやろうという意気込みは確かに伝わってきました。和波君との相性も相変わらずよろしいようです。しかし、この時間も長くは続きませんでした。ベンチに交代要員のユヅキ君の姿が見えます。ユヅキin?誰と代るんだろう?やましぇー外す…わけないし、左サイド……って…

 岡田さんの意図はよくわかりましたし、そうするしかなかったということも、わからないほど子供ではない(というか若くない)室長ですが、それでも6番のボードが出ると共に、ピッチを後にする姿を見届けるのは本当につらい作業でした。が、こんなのを見るのが自分だけでよかった、という気持ちもしないでもなく。

 ベンチに下がる健作のケツを岡田さんがペシと叩きました。同じように他のスタッフも皆労ってくれています。健作はそのまま試合が終るまで、ベンチで試合を見守っていました。呆然としているのがわかるほど客席とピッチが近い日本平ってどうよ。と日本平を逆恨みする室長。そうこうしているうちに私達のあまりに長い90分が終りました。

 初応援のかおっちと、百鬼夜行のちゅうさんご夫妻と一緒に試合の後残念会をしました。そこでいろんな話をしましたが、私達はそれでもやっぱり健作に代表目指して頑張ってほしい、という結論にあっさり到達してしまいました。それは健作の為だけではなく、私達が思うこれからの日本代表には、「攻撃力を持ったDF」が必要不可欠になると見ているからなのです。もちろんそうじゃない、という人もおりましょうが、私達はそう考えます以上。

 若手若手と進んでいる代表ですが、それでも選手の一番の脂の乗り時は、現在25歳の健作にしてみればまだまだこれから。向う5年は札幌の主軸として頑張ってほしい選手だし、そのためにいろんなことを学んで得ていってほしい、などと語らいました。これからの課題を肌で教えられる試合となったのなら、それは大事な1敗であり大事な交代だったのです。ゼロになったわけじゃないんです。足りないところがわかっただけ。これからそれを埋めるだけ。私達はそれに貸せる手があるなら貸したい。簡単な事じゃないけれど、今更簡単な道なんて選べません。だいたいが、健作が簡単に諦められるようなヤツなら、そもそも私達が札幌で出会う事などなかったはずなのですから。
スポーツ新聞ひろいよみ
今季初めて途中で退いたDF大森「早い時間に警告をもらって、思い切り行けなかった。このまま崩れると危ない。気持ちを切り替えていきたい。」(日刊スポーツ)