×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

J1 1st Stage 第8節 FC東京(丸亀)
 今回の大遠征は函館〜清水まで室長もおつきあいしましたが、正直マジキツかったです。函館から中2日で遠征はつらいなあ、と思っていたのですが、そのあとの清水から丸亀までは更につらかった事でしょう。大敗のあとで、私はいち早く札幌に帰りたくなってしまったんですが、私は帰る事は出来ても選手は帰れない。こりゃキツいな、と思ってましたが、それを序盤から感じさせてしまう戦い振りではありました。プロだからそのぐらいの管理は、という声ももちろんありましょうが、こんな条件で戦っているチームは札幌の他にどこにもありません。この条件を踏まえた上で、私達は全体の流れというやつを見極めていくべきなんでしょう。今は押していいか、抑えるべきか、なんてあたりのことを。

 さて試合です。序盤から動きの悪い札幌は、連敗脱出に躍起になっているFC東京に押し込まれる場面が多くなってしまいます。今回はいつもの3バックに戻り最終ラインの連係も元の通りになりました。が、いかんせん攻撃の時のキープができない。遮二無二かかってくるFC東京に気圧されている感じです。そんな攻撃をいつものようにのらくら躱しておりましたので、失点しそうな雰囲気は正直無かったですが、得点出来そうな雰囲気がなかったのも事実です。

 健作はもちろん先発で、テレビの画面が手前サイドが半分切れた状態で映っていたので、前半の攻め上がりに関してはほとんど何も見えない状態でした。ただ、前節の反省を踏まえてか、それまでよりも幾らか積極的に守っていた印象もあります。ちょっとしたクリアひとつとっても、意気込みは伝わってきました。ただ全員、身体の切れはよくなさそうでしたが。

 失点は後半に2点。0−2の状態のまま試合が終っていたら、次に気持ちを切り替えるのは本当に難しいものになってしまったでしょうが、札幌はロスタイムに1点をもぎ取りました。健作が攻め上がった左サイドからFKを得ます。今日の審判はこのあいだとは全然違うようです。室長、祈るような気持ちでテレビを見つめていました。なんとかこれを結果に繋いでくれ、と。

 ののさんのFKはなつさんが必死に繋いで、それをウィルがゴールに押し込みました。それを見て私ときたら不覚にもだらだら泣けてきてしまいました。へこたれていた自分に力を与えた、そんなゴールでした。多分選手にとってもそれは同じ事と思います。なつさんはPKを取られた分をこれで取り戻そうとしていたのだろうし、みんなの思いで奪った貴重なゴールです。取られた点よりも、今日奪ったこの点がきっと明日に繋がります。

 繋がった先にあるものは厚別開幕。へこたれている暇はありません。
スポーツ新聞ひろいよみ
◆攻守に奮闘したDF大森「負け続けるときつくなる。次はどうしても勝たなきゃいけない。プレーじゃなくて気持ちの問題。みんな切り替えて、盛り上げないと。」(日刊スポーツ)◆「(復帰2戦目の)アウミールとのコンビがまだ…。プレーの質より気持ちの問題でしょう。」(スポーツニッポン)