×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

J1 2nd Stage 第5節 清水エスパルス戦(札幌ドーム)
 「やってダメなら もっとやれ」と、前節・福岡戦のレポートで軌保の言葉を引用しましたが、この清水戦の健作の攻撃は、まさにこの言葉を体現したものだったと言えるでしょう。チームもサポートも同様。

 チーム創設以来、いまだ一度も勝った事のない清水が本日のお相手です。セカンドの清水は勝ったり負けたりで、いまひとつ調子が上がりきっていないようでしたが、前節は札幌が延長で敗れた横浜FMに3-0と快勝。対戦成績と照らし合わせると、totoの予想が札幌勝利にたいそう低い支持率でも、まあ常識的には間違いではなかったでしょう。3年ごしでヤラれまくっているアレックスもいますし、5月に対戦したときは虐殺されてしまいましたし。

 しかし、そんな数字的なものでいつまでも凹んでいる程札幌はナイーブではないし、自滅したいほど悲観論者ではありません。なにがなんでも今日は勝つ。なにがどう展開しようと私達は勝つ。やれることは徹底的にやって、今までやってなかったぐらいの声だって出してやる、こういう思いの置き所は、恐らくチームもサポーターも一緒だったのではないか、と思います。そしてこれが札幌の、最大にして最高の強みでもあると私は思っています。実際にこの連敗の状況であっても、ありがちな監督批判・チーム内紛という話は聞こえてきませんでした。

 終ってみて勝っているから堂々と言える事でもありますが、この日の清水は今まで対戦した中で、一番力の差を感じる事のない出来でした。あれほど怖かったアレックスは森下さんがきっちり封じてくれました。昔サムライ今モヒカンの戸田と、斉藤俊秀ちゃんがそれぞれ出場していたらどうだったかは判りませんが、こっちだってナツさんもノノさんもいなかった訳で。
 サイドチェンジやちょっとしたパスの出し方なんぞ、対戦する度に「うまいよー」とその差を感じさせられていたワタシ的には、清水に対して何も後れをとっていない札幌の選手達を見て(というか前半の序盤は攻撃に於いて清水を凌駕してましたね)連敗連敗って騒いでいるけど、うちの子達、ちゃんと上手くなってる。ちゃんと成長してる。それを痛切に感じさせられて、それだけで今日は絶対になんとかなるさ、と、0−1で前半が終った時も信じ込んでました。

 信じる者は救われる。とはよくいったものです。
 後半が始まると早々に4分、アダウトが来日初ゴールをぶちかましてくれました。目の前で見ていた私達が度肝を抜かれるような鮮やかなゴール。ロベカルを目標にしているというのは伊達じゃないぜ!と、ロベカル並のゴールに私達は痺れまくってしまいました。これで1-1、同点。後半34分には、その30秒前に投入された移籍組・ガクヤこと堀井君の粘りから、アダウトが上げたクロスを清水GK・羽田がファンブルというか俺王様に上納してしまい、納められたボールはゴールに返すのが礼儀とばかりウィルが清水ゴールに丁寧に入れてあげました。2-1。残り10分を逃げ切れば、悲願の対清水戦初勝利・セカンド初勝利です。

 しかし。3年前に厚別で対戦したときも、1点差で勝っていながら試合終了間際に清水(ケンタでした)に同点ゴールを叩き込まれ、延長に入った途端に秒殺されるという苦い思い出をまたしてもなぞるように、90分になる寸前にこのところ恒例事業のようになってしまった、終了間際ゴールを奪われてしまいます。3試合連続の延長戦突入。延長戦は今季これまで勝ちがありません。

 なのに、不思議とこのまま負けるワケがない、と信じる気持ちが揺らぎません。延長に入る前、USが選手コールをしました。アウェイではフツウですが、ホームではいつも「大森」とコールされているのが突然「健作!」「健作!」コール。健作コールはホームでははじめてのことです。なんだか妙に、これでますますいけるような気がしてきてしまいました。

 延長前半も終りに近づいた14分のことです。札幌がゴール前に攻め込んで、一旦はクリアされて清水に渡ったボールを、上がっていた健作がまずインターセプト。それをウィルに預け、ウィルから今度は清水DFの裏を走っていた健作にボールが出され、そこから出されたクロスが清水DFの間をすり抜けガクヤにどんぴしゃ。ガクヤの右アウトサイドで叩かれたボールは難なく清水ゴールに、延長Vゴールには似つかわしくないほど緩やかに吸い込まれていきました。

 苦しかった試合だったからこそ、勝ち取って得た自信は小さくないでしょう。これに勝ったからといって次の試合の勝利が約束されるわけでも、まだJ1残留が約束されたわけでもありません。また明日から、気を引き締め直して次の試合に挑んでいきましょう。と、言える事が今はたまらなく嬉しい。

 進んでいる道は間違っていない。ここを真っ直ぐに行くだけ。迷う必要は、もうない。
スポーツ新聞ひろいよみ
「この2点は結構大きいしー、延長で勝ちきれたっていうのは…とりあえず大きいし。まだ続くんで。でもいい勝ち方だと思います。とりあえずは。(素晴らしくいい笑顔)」(STVコンサEXより)

「Vゴールは『ホットライン』から生まれた。12日に、チームにまだなじめない堀井を同い年のよしみで食事に誘ったのが大森。狂牛病も何のその、縁起を担いで『十”勝”牛』のステーキでもてなした。『何とか入れたかった』と堀井。快く迎えてくれた大森からのパスだけに、意地でも決めたかった。」(スポーツ報知)