×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004.9.19 J1 2nd Stage 第5節 ジェフ市原戦(長居)

 移籍から5日後、早速公式戦先発です。その試合が、なんとつごうのいいことか、BSで中継のある試合。素晴らしい。当日はテレビの前にまるで身内の試合を見るような気持ちでスタンバイ。

 移籍直後ということで、テレビの解説でもたびたびとりあげていただきました。宮澤ミシェルさんは、割と頻繁に札幌の試合の解説でいらっしゃっていたので、健作さんのプレーに対する予備知識は恐らく他のどの解説者よりもあったかと思います。さて、札幌以外のユニフォームを着た健作をライブで見るのは当然これがはじめてですが、まあ、あのう、えーと。似合ってたよ!と言っても似合ってないよ!といっても、どちらも失礼になるような気がするので感想自粛w ただ、どこのユニフォーム着てても健作は健作ね、と妙に納得したものです。対する相手はセカンドこれまで負けなし…だったのね、の市原。健作さんは羽生くんとマッチアップです。…いやーん…

 さて試合開始。序盤は市原が支配します。いきなり試されるディフェンス。まあ、そりゃあ攻めてくるでしょうね、普通に。移籍後5日のJ2の最下位チームのDFだった選手を先発起用するワケですから、状態がいいとは言えないことは素人目にも明らかで。セレサポの方には気を悪くしないでいただきたいのですが、私(J2でワースト失点中のチームサポ)から見てもセレッソのDFは怖かったです…そこに健作が入ったからもう万全さ!と言えるほど私も世間知らずでもないもので、序盤の市原攻勢に対峙してのあまりの責任重大さに、激しく眩暈がしてきました…たすけて〜 いや助けに来たはずなんだけど〜

 そんな(私の)切羽詰った状況を打破してくれたのが、大久保嘉人そのひとであります。
 五輪代表での試合を見ても、「すごいねー(棒読み)」程度の感想だった私の中で、大久保嘉人はこの日
になりました。一発で流れを変え、2発で相手を萎縮させ、3発で絶命させる。これがFWですよお客さん!
 大久保の先制点、そして2点目から流れは一気にセレッソ側に傾いていきました。点が入るごと、序盤あれほど落ち着かなかったDFに徐々に集中と粘りが出てきました。3点目が入った時点で、試合はもう決まったようなもので。最終的には非常に気楽な気持ちで見させていただきました。そのぐらい流れは安定していましたよ。

 さて健作さんですが。
 まぁ、ボチボチでしょう。やるべきことを堅実にやってくれた、と思います。派手なことはしてないけど、ところどころ「やめてーそれちゃんと止めてー」「行くか行かないかはっきりしてぇー」と頭を抱える場面もありましたけども(笑)全体としては使う側にとって計算しやすい仕事をしてくれていたと思います。ただ見ていて、J1とJ2の差に序盤は多少戸惑いがあったかな、という気がしましたし、連携不足による面も感じました。あたりまえだが。後半になると慣れてきたのか、随分と上がりたそうな微妙なポジションに顔を出すようになってましたけど、パスが出てくることがほとんどなかったので。このへんは試合をこなすごとに良くなっていくでしょう。

 札幌でやっていたときは、今季は健作のプレーにハラハラさせられることなんてホントになかったんですが、さすがにJ1ですね、おんなじふうには全然いきませんでした。いや、同じ風にやれたら私は即座に代表と言い出しますが(笑) あー、厳しいなーさすがにJ1だなー、っと。でもこの厳しさ、たまらないですね。この厳しさの中で自分を高めていくこと、それが本当のenjoy footballだと、見ていてしみじみ思いました。いやホントに。健作を送り出した札幌のために、それとセレッソの人達のこれからの幸せのために、ガンガン精進するんだぞ!